ホーム > 営業部紹介 > 3PL営業部

営業部紹介

3PL営業部

営業所地図

3PL事業とは?

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?
3PL写真

「Third(3rd)Party Logistics(略して3PL)」とは、荷主企業に対してサプライチェーンに関するさまざまな 物流改革を提案し、包括して物流業務を受託し運営することです。つまり、荷主企業のSCM(サプライ チェーン・マネジメント)の高度化を促進する為に、ノウハウを持った企業(物流業者の場合もある)が 荷主企業の立場にたってロジスティクスの企画・設計・運営を行う事業体が「3PL」です。


3PLとSCMの関係
3PL写真

サプライチェーン・マネジメント(SCM)は、基幹系の統合業務パッケージ(ERP)と計画系のサプライチェーン ・プランニング(SCP)ソフト、実行系のサプライチェーン・エクスキューション(SCE)ソフト、ロジスティクス実務 の4つの要素から成り立っており、そのうちSCEソフトとロジスティクス実務を荷主企業に効率的に提供する のがサードパーティー・ロジスティクス(3PL)事業者の役割であると考えます。



3PLフロー
3PLを構成する要素

3PL事業には、「情報システム構築力」・「現場運用力」・「継続的改善提案力」の3つの能力が求められ、 このどれが欠けても本当の3PLは実現しません。従って、単なる作業請負と3PLは異質なものです。



3PL事業のメリット

当社が考える3PL事業
3PL写真

当社の3PL事業では、荷主企業の物流管理・運営を含めた物流業務の全てを受託し、コストの削減と 品質の向上を実現します。また、各分野の協力会社とともに物流業務全般を効率的に進め、荷主企業 の生産(仕入)・販売部門とも連携を取りながら、物流業務を遂行します。

3PL写真 3PL写真
3PLイメージ
3PL事業のメリット
3PL写真
経営資源の本業への集中
いままで物流部門に、振り当てられていたコストや人材などを本業へ集中する ことで、本来の競争力を取り戻し企業の経営環境を改善します。
効率的なコスト削減の実現
物流コストの明確化と低減を行い、変動費化を推進します。また、物流に関する 新規投資の低減を実現します。


3PL写真
顧客へのサービス向上
リードタイムの短縮・多頻度少量納品への対応が実現できます。
商物分離の実現
営業活動と物の輸配送を分離することで、共同配送などの効率的な物流システム の構築を行ったり、商流のみに専従することで営業力の拡充や営業エリアの拡大 などに専念することができます。
キャッシュフローの増大
キャッシュフローの増加に貢献し、企業経営の安定に貢献します。
環境への負荷の低減
共同配送化による配送効率アップとCO2の削減に貢献します。

物流センターオペレーション 流通加工
ページのトップへ戻る