ホーム > 事業案内 > 共同輸配送

事業案内

共同輸配送

最適物流を提案・支援いたします
共同輸配送 写真

共同輸配送導入によるメリット

<1> 多頻度小口納品、納入リードタイム短縮、時間指定、多量波動に伴う輸配送コスト負担を低減

<2> 店舗別カテゴリー納品などによる適正な商品供給コントロール

<3> 荷受ドックにおける総車輌台数の削減、荷受事務・検品の効率化

<4> 交通混乱の緩和、排気ガスや騒音の改善、省エネといった、環境や地域住民への配慮


共同輸配送事業のご案内

  • 日本初共同輸配送企画立案企業
  • 配送管理システムで多彩な輸配送計画を提案
  • 30箇所の物流拠点から関東全域に拡がる配送網
  • 徹底した品質管理により多種多様な顧客ニーズに即応
  • 最新物流テクノロジーにより最適物流システムを常に構築
カンダトラック

カンダコーポレーションは、高品質な物流サービスを創立から60年提供し続け、実績に裏付けられた豊富な経験と知識をもとに、最適物流を提案・支援し続けています。社団法人日本ロジスティックシステム協会認定の「物流技術管理士」を70名有し、お客様の物流戦略に則った物流システム構築から物流改革まで、最新物流テクノロジーを駆使した企画・提案を致します。



共同輸配送事業への取組み

出版物共同輸配送
配送エリア北海道(離島含)・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・神奈川県・山梨県・沖縄県(離島含)
配送店舗数 CVS約3,500店舗含む計6,000店舗
医薬品共同輸配送
配送エリア静岡県・山梨県・長野県・新潟県以北の東日本全域(離島含)
配送店舗数小売店舗含む約2,300店舗
加工食品共同輸配送
配送エリア群馬県全域・栃木県全域
配送店舗数小売店舗含む約600店舗
・自動仕分機により様々な出荷形態に対応
・JIT(ジャストインタイム)納品
・24時間体制による品質管理・各種対応


共同輸配送イメージ

トランスネット営業部 
ページのトップへ戻る